精密濾過2
工業用濾過装置では、最小0.5ミクロンのゴミまで除去できます。

ある企業様のラインの洗浄液を0.7ミクロンの濾紙で行いました。



工業用切削液、研磨液、ホーニング加工液などの濾過を行う最大のメリットは、混入する異物を除去し、常に清浄なラインでの生産が可能になることです。その結果、品質向上につながります。

長年濾過装置の製造をしてきた当社としては、文章ではとてもこの装置の良さを伝えきれないと思っています。

使っていただいて、その良さを実感していただきたいと願います。我社のお客様には、同業者の口コミによる新規のお客様が大勢いらっしゃいます。「この機械いいから、とにかく使ってみて。」と、同業者にすすめられて、導入を決めるお客様が多いのです。
comments (x) : trackback (x)
精密濾過
当社のお客様は食品関係から工業関係までさまざまです。食品関係では、インスタントラーメン、スナック菓子、フライ食品、飲料水など、高温油から清水まで、大量の濾過が可能です。また工業用では、工業用切削油、クーラント液などを精密に濾過します<
more..
comments (x) : trackback (x)
濾過装置第一号 「Kos2」と名付けられる
現場に足繁く通い、ユーザーの声を丹念に拾い上げ、完成したアトラステクノサービスの濾過装置第一号機は、以下のような当社の開発理念に基づいた装置です。

アトラステクノサービスの開発理念

1)長期的視野を大切にする。
2)ユーザーとの信頼を第一とし、利益優先としない
3)機械を通して社会貢献をする

この開発理念を着実に実現した第一号機。技術者にとってはかわいい我が子同然。だからでしょうか。この装置にはかわいいニックネームがつけられました。その名も「KosKos(コスコス)」 連続して濾すから「濾す濾す」。当時大人気だったアイドル小泉今日子さんの大ファンだった技術者が、「Kyon2(キョンキョン)」をもじってネーミングをしたというほほえましいエピソードも残っています!
comments (x) : trackback (x)
食用油のため、高性能な濾過装置を発明 No.2
濾過装置のパイオニアであるアトラステクノサービスの社長「鯛かおる」です。
ブログを通して、お世話になっているお客様、また当社に興味を持ってくださっているお客様に、当社のことをより深く知っていただきたいと願っております。


苦労の末、ついに濾過装置第一号が完成!

写真見たいですか? え、見たくないって?! いえいえ、そういわず。。。。
先日書類の整理をしておりましたら、出てきましたので、是非ご覧ください。



当社の売りである、<連続自動循環濾過> …. ろ紙交換の手間を省くために、
・ ロール上の濾紙で
・ 機械が揚げカスを感知し
・ 自動的にすぐに取り除く
・ きれいな油は常に循環させて
という画期的な機能はこの一号機からついているのです!

というわけで、この第一号機の完成後は、お問い合わせもいただき、ご協力をして下さった工場へのテスト販売によって商品のクオリティの高さが証明されたところで、本格的に中小の食品工場に濾過装置を納めていったのです。

もう一枚写真をご覧くださいね。



これは、その当時「濾過装置」納入をした豆腐工場のスナップ。
昭和な感じがなかなかいいでしょう。
その濾過装置、まだ現役で、今でも毎日せっせと油の濾過を行っています。
アトラステクノサービスの濾過装置は耐久性にも優れています
comments (x) : trackback (x)
食用油のため、高性能な濾過装置を発明!
濾過装置のパイオニアであるアトラステクノサービスの社長「鯛かおる」です。
ブログを通して、お世話になっているお客様、また当社に興味を持ってくださっているお客様に、当社のことをより深く知っていただきたいと願っております


さて、昭和50年代後半、ある技術者が新しい機械の事業展開に燃えていました。なんだかちょっと前にはやった「プロジェクトX」のようですね。 しかし、まさにこの「濾過装置」開発は、技術者の直感、技術の高さ、そしてお客様に喜んでいただきたい、という志の結晶であるといえるのです。
more..
comments (x) : trackback (x)
横 300 pixel 縦 215 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 300 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。